@wilco通信 blog

わたしたちの便利なものは日々、進化または変化を遂げています。新しいものや生活に潤いを与える情報など、ブログを通して紹介していきたいと思います。当ブログは主にモバイル関連やPC関連が中心となります。よろしくお願い致します。

WiMAX特集②-(1)Speed Wi-Fi NEXT WX01・W01・HWD15のスペック

  

WiMAX特集②-(1)Speed Wi-Fi NEXT WX01・W01・HWD15のスペック編

 

Speed Wi-Fi NEXT WX01スペック
 

4×4MIMO技術を採用した世界初のWi-Fiルーター!

 

サイズ

約109×66×9mm

重量

約97g

連続通信時間

Wi-Fi接続時】

WiMAX 2+(220M)利用時:約6.5時間

WiMAX 2+(110M)利用時:約8.5時間

WiMAX利用時 :約11時間

Bluetooth®接続時】

WiMAX 2+(220M)利用時:約8時間

WiMAX 2+(110M)利用時:約10.2時間

WiMAX利用時:約13時間

連続待受時間

最大約600時間

電池容量

2,500mAh

au ICカード

au Micro IC Card(4G LTE)

通信速度

受信

WiMAX対応エリア:最大40Mbps ※1

WiMAX 2+対応エリア:最大220Mbps

送信

WiMAX対応エリア:最大15.4Mbps ※2

WiMAX 2+対応エリア:最大10Mbps

※1 2015年2月12日(木)より順次下り最大速度13.3Mbpsエリアへ切り替わります。

※2 WiMAX 2+対応エリアおよびその周辺では最大10.2Mbpsとなる場合があります。

Wi-Fi規格

802.11a/b/g/n/ac

インターフェイス

microUSB 2.0 High Speed

外部接続端子

microUSB

最大接続可能台数

10台

対応OS

Windows :Vista、7、8、8.1

Mac: 10.5、10.6、10.7、10.8、10.9、10.10

※対応OSはすべて日本語版・英語版となります。

WX01の性能と評価

WX01は世界で初めて4×4MINOを採用しています。

無線LANは5GHz帯に対応し、電波干渉の少ない周波数帯での通信が可能となっています。

また、Bluetoothに対応し、WiFi接続以外で接続を可能にしています。

WiMAXハイパワーに対応しています。電波の弱い場所でも電波の送受信能力を向上させてより繋がりやすくします。

総評としては、周辺に建物のような障害物があまりない環境では速度が上がったことを実感できないことがあります。また、ハイスピードモードとノーリミットを手動で切り替えられないというのが弱点かもしれません。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01スペック
 
  • 約5秒のクイック起動!こまめに電源を切ってもストレスフリー!
  • WiMAX2+とau4GLTEが使い分けられる!
  • 専用アプリでスマホからリモート操作が可能!

サイズ

約120×59×10mm

重量

約120g

連続通信時間

WiMAX 2+:最大約8時間

au 4G LTE:最大約7時間30分

連続待受時間

最大約730時間

電池容量

2,300mAh

au ICカード

au Micro IC Card(4G LTE)

通信速度

受信

WiMAX 2+ 対応エリア:最大110Mbps

4G LTE 対応エリア:最大75Mbps

送信

WiMAX 2+ 対応エリア:最大10Mbps

4G LTE 対応エリア:最大25Mbps

Wi-Fi規格

802.11a/b/g/n/ac

インターフェイス

microUSB 2.0 High Speed

外部接続端子

microUSB

最大接続可能台数

10台

対応OS

Windows Vista/7/8

Mac OS 10.5/10.6/10.7/10.8

W01の性能と評価

W01の特徴は「キャリアアグリゲーション」に対応し、最大通信速度下り220Mbpsに対応し、au4GLTEにも対応しています。auLTEに対応していることで、WiMAX2+やWiMAXの電波の届かないに場所などで使用する場合に便利な端末だと思います。

総評としては、ハイスピードモード(WiMAX2+)とハイスピードプラスモード(au4GLTE)の2択なので速度制限された場合に、選択肢がないことが弱点だといえます。

 

 

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15のスペック 

 

  • 受信最大110MbpsのWiMAX2+をはじめ、WiMAXau 4G LTEの3種の回線に対応
  • 見やすいカラーディスプレイで電波状況や電池残量が一目で確認可能
  • タッチパネルの操作でモード切替も簡単
  • データ総量制限のないノーリミットモードは、大容量の動画を見続けても快適利用可能

  

サイズ

約104×64×14.9mm

重量

約140g

連続通信時間

WiMAX 2+:10時間50分

WiMAX:9時間40分

au 4G LTE:10時間

連続待受時間

ECOモード:約970時間(注1)

クイックアクセスモード(WiMAX 2+):約37時間

クイックアクセスモード(WiMAX):約40時間

クイックアクセスモード(au 4G LTE):約38時間

電池容量

3,000mAh

外部メモリ(推奨最大容量)

microSDHC(32GB)

au ICカード

au Micro IC Card (4G LTE

通信速度

受信

WiMAX 対応エリア:最大40Mbps ※1

WiMAX 2+ 対応エリア:最大110Mbps

4G LTE 対応エリア:最大75Mbps

送信

WiMAX 対応エリア:最大15.4Mbps ※2

WiMAX 2+ 対応エリア:最大10Mbps

4G LTE 対応エリア:最大25Mbps(注2)

※1 2015年2月12日(木)より順次下り最大速度13.3Mbpsエリアへ切り替わります。

※2 WiMAX 2+対応エリアおよびその周辺では最大10.2Mbpsとなる場合が

Wi-Fi規格

IEEE802.11b/g/n(LAN)

IEEE802.11a/b/g/n・5GHz対応(WAN)

インターフェイス

microUSB 2.0 High Speed

外部接続端子

microUSB

最大接続可能台数

10台

対応OS

Windows Vista/7/8/8.1

Mac OS X 10.5/10.6/10.7/10.8/10.9

簡単接続

WPS

HWD15の性能と評価

HWD15はWiMAX2+、WiMAXau 4GLTEと3つの通信モードが選べる端末です。

ギガホーダイの通信速度には対応していませんが、比較的使用しやすいのが特徴です。

電波の感度は他のギガホーダイ対応の端末に比べると最大通信速度では目劣りしてしまいますが、通信モードが3つ選べることが最大の強みかと思います。

また、アップデートしたことで受信感度が劇的に改善されたという例もありますが、端末の受信感度がイマイチな部分が残念な点です。また、ギガホーダイの通信速度にも対応していません。3つの通信モードを手動で変更できる点がメリットと言えます。

wimax-otoku.jimdo.com

WiMAXのお得なキャンペーン情報‼︎ - @WiMAX